スペイン語への招待

 スペイン語はスペインをはじめ中南米の多くの国々の公用語です。また英語圏の米国においてもロサンゼルスやマイアミを中心に2,000万以上の人々によって話され、世界のスペイン語人口は3億人と言われています。スペイン語はそれを公用語とする国々の間で貿易や通信に使用されることはもちろん、国際政治の場においても国連公用語の一つとして重要な役割を果たしています。
 スペイン語圏諸国は距離的に遠い世界といった感じがしますが、日本との交流は特にこの数年の間に著しく増大して来ました。政治経済の分野では多くの国家元首が来日し、日本企業も活発に進出しています。文化面でも、例えば音楽では、すでにタンゴやボレロ、マンボ、ルンバなどのいわゆるラテンが有名ですが、最近ではニューヨークやカリブ海で人気を博し国連平和賞に輝いた日本のオルケスタ・デ・ラ・ルスのサルサが注目されています。また世界的に高い評価を受けているラテンアメリカを中心としたスペイン語圏の現代文学も多数翻訳が出版され、スペイン語圏の映画をビデオ・レンタルで捜すことも難しいことではなくなっています。さらにスペイン語を話す日系人を見かけることも珍しくありません。このようにスペイン語の世界は私達にとって身近なものになっています。
 3億人のスペイン語世界は、単に広いばかりでなく非常に多様性に富んだ世界です。外国語の学習には様々な努力が必要ですが、スペイン語は実りある新たな地平を皆さんに開いてくれるでしょう。では教室でお会いしましょう。

コメントを残す